中州風俗に童貞ささげました

TOP

素人童貞の僕が中州の風俗でおきた体験談を書いていきます。

中州にある熟女専門ヘルスで遊びました

熟女が大好きなので、中州にある熟女専門店のヘルスで遊んできました。熟女風俗の魅力はあまり理解してもらえないことが多いのですが、肌触りも若い風俗嬢に負けないぐらい気持ちが良いし、デメリットなんてほとんどないと思っています。色々な経験をしているので、男が何をしたら喜ぶのかという事も理解しているし、すごく丁寧に扱ってくれるので、熟女の魅力はたくさんあると思っています。熟女専門ヘルスもそうですが、中州でヘルス遊びを楽しみたいならポータルサイトでヘルスを探した方が良いと思いますね。この前利用した時も、いい感じで年齢を重ねている女の人が来てくれて、丁寧なフェラチオをしてくれました。こっちのツボみたいなところを、しっかりと押さえているので、あっという間に昇天してしまいました。いっぱい出たわねと魅力的な笑顔で喜んでくれました。こんな経験ができるのは、熟女だからだと思っています。若い女の子だったら、勢いよくフェラチオをして、とりあえず精子を出させればいいやという感じのサービスになると思います。その辺の違いを理解できる人だけが楽しめるんだと考えています。

中州ヘルスのマットプレイ専門店

中州にあるマットプレイ専門のヘルス店に行って来ました。マットといえば、ロングコースやソープランドのみといった時代からすると、マットプレイが大好きな僕にとっては、本当にいい時代です。これまではある程度のコストが必要だったわけですが、今では、今回のヘルス店のように、マットプレイのみを堪能出来るわけですから。50分のプレイ時間で1万2000円。本当に最高です。風俗の本場「中州」のヘルスとはいえど、対面時の挨拶から、マットの準備までの流れというか、嬢の口調がいささか事務的で、サービス地雷なのかもと嫌な予感がありました。ただ、ルックスは、黒髪の正統派美女という感じだったので、ちょっと我慢してみます。普通なら、マット前でもソファーやベッドなどでイチャイチャとしてくれるものだよななんて思いながらも、その期待はあっさりと裏切られました。セルフでの脱衣を促され、素っ裸になると、うつ伏せにさせられて、ほぼ余計な会話などはなく、指示をするだけでマットプレイのスタートです。事務的ではあったものテクニックはありましたね。

カテゴリー

月別アーカイブ

フリースペース

サイトマップ